銀行でお金を借りる簡単な方法とは何か?

実はとても使いやすい!銀行系カードローン

MENU

銀行でお金を借りる簡単な方法とは何か?

複数の借金の返済(男性/40代)

複数の金融機関から小額ずつ借り入れをしていたのですが、返済日もばらばらで把握しにくく、返済手続きが面倒になっていました。

 

消費者金融で、借り入れをまとめて1本にしようかと考えたところ、総量規制が適用されるので、まとめてしまうと元金に利息も含まれてしまい、限度額が年間の収入の3分の1を少し超えてしまうからと断られました。銀行に出かけて相談してみると、銀行のカードローンなら、総量規制が適用されないため、借入限度額が大きくなるし、口座も持っているから返済の自動引き落としも可能だということでしたので、銀行でお金を借りることにしました。

 

早速、窓口に行くと、すぐに審査に応じてもらえました。口座を作った時に、本人確認の書類を提示してあるので必要ありません。借入限度額を高めに設定したので、源泉徴収票がいりました。

 

借り入れを1つにまとめたので、月々の返済も楽になりましたし、何度もATMに行かなくていいので、手間がかからなくなりました。銀行のカードローンにして本当に良かったです。

 

主婦でも利用できます(女性/30代)

専業主婦だと、借り入れができずに困ってしまいます。多額の借金ではなく、主人の給料日までのつなぎで、少しだけ借りたいだけなのです。

 

よく利用するスーパーで銀行口座開設のキャンペーンをしていました。一緒に系列のクレジットカードの説明をしていましたが、専業主婦なのでと断ると、ご主人が安定した収入があるなら、口座と銀行カードローンに申し込みをすると、限度額が低めでも借り入れができますよと説明されます。

 

ものは試しということで、銀行でお金を借りることに決めその場で申し込みました。主人の会社に在籍確認はなかったようですが、無事審査に通り、限度額が50万円ということで、後日キャッシュカードと一緒にローンカードが送られてきました。

 

スーパーやコンビニのATMからも、借り入れや返済ができとても便利です。使い過ぎないように、主人の給料日の1週間前に2万円ほど借りて、給料日がきたらすぐに返済する使い方をしています。急な祝儀や不祝儀、お付き合いに必要な時にも、すぐに使えて心強いです。

 

ネットから手続きできて便利です(女性/20代)

友人から便利だと教えてもらって以来、銀行のカードローンに興味があり、申し込みを検討していたのですが、残業や様々な用事で、時間が取れずに困っていました。

 

よく利用するショッピングサイトで、インターネット専用の銀行の営業が始まり、カードローンも取り扱うとお知らせのメールが来ました。申し込み手続きもパソコンやスマートフォンからできるので便利です。

 

口座を取得すれば、インターネットバンキングでき、手数料無料での入金や返済にも対応できるとのことで、一緒に手続きしました。次の日に在籍確認があったのですが、銀行名を名乗ったので、カードローンの確認とはわからなかったようで、ほっとしました。

 

無事に審査に通り契約後に、ローン専門のサイトから借り入れを申し込みます。当日に入金処理されていたので、早くてびっくりしました。資格取得の講座の月謝が、給料日の直前のため本当に助かります。

 

毎月、給料日にローン決済用口座に振り込み、返済しています。返済日前に自由に振り込めますし、金利も軽減できるので、銀行でお金を借りることができて良かったです。

 

よくある質問

銀行でお金を借りるならどこがオススメですか?

お金を借りるなら消費者金融よりも銀行のほうが金利が低いですし、信頼性が高く安心して利用できるという人も多いでしょう。

 

銀行でお金を借りる時には金利の低さや限度額の大きさももちろん重要なポイントですが、一番重要なのは自分の求めるサービスが有るかどうかということです。
たとえば急にお金が必要になった時などは、金利がほんの少し低いことよりも融資までの時間が短いことのほうが重要になります。

 

自分にとってより良い条件の銀行を利用するようにしましょう。

 

銀行は審査が遅いと言われますが、すぐに借りることはできませんか?

銀行は金利が低い代わりに審査が厳しく、また、審査にかかる時間も長いというのが従来の評判でした。

 

しかし、現在は審査時間がかなり短縮されています。
というのも、銀行のカードローンは融資は銀行が行っていても審査は提携消費者金融に委託しているところが多いからです。

 

消費者金融の審査システムを利用することで迅速な融資が可能になり、現在では消費者金融とほとんど変わらない時間で融資を受けることができます。

 

更に早い融資を希望する場合は即日ローンの利用も可能です。
即日ローンを利用すれば申し込んだ当日に融資を受けることができるので、すぐに銀行でお金を借りることが出来ます。

 

銀行のカードローンの利用を考えていますが住宅ローンなどと何が違うのですか?

銀行からお金を借りる方法としてはカードローン以外にも住宅ローンや教育ローンといったサービスもあります。

 

カードローンは一般的にフリーローンと呼ばれるサービスの一つで、無担保・無保証人で利用できて借りたお金の使い道を問われません。
生活費はもちろん、ショッピングに使ったり、彼女とのデート費用に使ったり、競馬やパチンコに使っても問題ありません。

 

一方、住宅ローンや教育ローンは目的ローンと呼ばれるもので、借りたお金の使い道が限定されているサービスのことです。

 

使い道が限定されている分、低い金利で借りることができるのが特徴です。
いろいろなことにお金を使いたいというならばカードローンを利用するのが良いでしょう。

 

銀行から借りるのと消費者金融から借りるのとではどんな違いがありますか?

銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも基本的には同じと考えて問題ありません。

 

安定した収入があれば担保や保証人不要で利用することができますし、借り入れや返済の手続きはATMから簡単に行なえます。
1つ違いがあるとすれば、銀行でお金を借りるほうが金利が低いのが一般的です。

 

審査は若干厳しくなりますが、審査に通過できるのであれば銀行から借りると返済が少し楽になるでしょう。